ギフト目的によって熨斗や表書き選択肢を制御!オリジナルのメッセージカードにも対応した万能機能が新登場

ギフト目的によって熨斗や表書き選択肢を制御!オリジナルのメッセージカードにも対応した万能機能が新登場

春は新生活の季節ですね。新入学祝い、就職祝い、引越し祝いなど、新生活を始める人へのプレゼントやギフトを贈る為にECサイトを活用する人も多いのではないでしょうか。ギフトを贈る際には日本の特有のギフトマナーがあります。この為、ギフト商材をECサイト上で取り扱う場合は、熨斗やメッセージカード、手提げ袋、ラッピング(包装紙)等、あらゆるギフトオプションを用意しておく必要があり、かつ注文しやすいUIにて用意しておく必要があります。

弊社にて開発提供しておりますクラウド型ECサイト構築ASPのaishipシリーズでは、商品を選んだ後の購入ステップ画面にて、様々なオプション選択肢を設定できる新機能をリリースしました。この機能をギフトオプションとして設定することができますので、詳しくご紹介していきます。

熨斗や表書き、メッセージカードの設定事例

早速ですがギフトオプションの設定事例からご紹介していきます。

京都のお米ギフト通販 八代目儀兵衛様のギフトオプション設定事例です。商品を選んだ後、購入ステップを進めて行くと、ギフトオプションが表示されます。

ギフトの目的を選んで、熨斗や表書きの選択していきます。


メッセージカードではオリジナルの文章も入力ができます。


さらに箱色、手提げ袋、外包みの風呂敷に至るまで、あらゆるギフトオプションを設定できます。

ギフトの目的によって選択肢の内容を制御できる

ギフトの目的を「入園・入学内祝い」から「香典返し」に切り替えてみます。目的を変えたことによって、選択できる熨斗や掛け紙の内容が切り替わったことをお分かりいただけますでしょうか。ギフトであっても慶事と弔事では意味合いが異なります。このように、目的を選ばせておくことで、その目的合わない選択肢を表示させないように制御することができ、注文者の意図しない選択ミスを防ぐことができます。

オプション選択肢ごとにイメージ画像を表示


各ギフトオプションの選択肢には選択肢ごとにイメージ画像を設定できます。ギフトECの場合、注文者が選んでギフト包装した商品が、実際にどのような状態で贈り手に届けられるのか、手に取って確認することが出来ません。このように画像を表示しておくことで、イメージを膨らませることに繋がります。

選択肢ごとにオプション価格を設定

手提げ袋の有料設定や、特殊加工ラッピングにはプラス料金を追加する等の設定にも対応しております。

設定方法

aishipシリーズの管理画面にて「共通商品オプション」といったメニューにて設定します。

1.目的別のグループを作成

商品管理 > 共通商品オプション表示条件グループ設定にて、大枠となるグループを作成します。
設定例としては「内祝い・お返し」「お祝い」「法事」等です。

2.表示条件を設定

商品管理 > 共通商品オプション表示条件設定にて、共通商品オプションの表示条件の登録を行います。

サイトでは、共通商品オプションの表示欄上部に「目的」として表示されます。「目的」欄の表示条件を選択すると、その表示条件に一致する共通商品オプションが、サイトに表示されます。(表示条件が未指定の共通商品オプションは、どの表示条件を選択時でも表示されます)

共通商品オプション表示条件設定の設定例としては以下です。

「内祝い・お返し」グループには「出産内祝い」「入園・入学内祝い」など
「お祝い」グループには「出産祝い」「入学祝い」など
「法事」グループには「香典返し」「お供え」など

3.「のし」「メッセージカード」「箱色」等オプション選択肢を作成

商品管理 > 共通商品オプション設定にて設定します。

オプション項目の設定では、セレクト/ラジオ/テキストに対応しており、複数のオプションを選択させたり、テキスト入力に対応したオプションの設定も可能です。

共通商品オプションの設定例は、「のし」や「メッセージカード」「箱色」等で、それぞれの編集画面にて「のしの種類」「メッセージカードの種類」「箱色の種類」を選択肢として設定します。

共通商品オプションの選択肢は、2で設定したどの表示条件の際に表示させるかを設定できたり、選択肢ごとのイメージ画像や価格の設定もここで設定します。また、受注関連メールに出力する際のフォーマットを設定することもできるため、自由度の高い受注関連メールを作成することができます。

4.商品ごとに共通商品オプションを選択

商品管理 > 登録商品編集 > 各商品の編集画面内の「商品オプション設定」にて、利用するオプションの選択を「共通商品オプション」とします。
「共通商品オプション」の選択画面にて、3で設定した共通商品オプションの選択肢を選んで完了です。
また、CSVにて一括更新にも対応しております。

5.一括入力設定も可能

商品管理 > 共通商品オプション設定 > 基本設定 にて一括入力を利用するに設定した場合、カートページでご注文者情報を入力後(会員の場合、ログイン後)に、下図の共通商品オプションの一括入力画面が新たに表示されます。

一括入力画面で共通商品オプションを設定すると、そのオプションを利用するカート内のすべての商品に反映されます。お届け先が多い場合や、複数商品購入時の入力の手間を軽減することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。少し設定が難しいと感じられる方もおられるかもしれませんが、一度設定してしまえば登録商品の全てに展開していける機能となっております。次回以降の記事にてギフトオプション以外の設定についてもご紹介していきます。

食品ECサイト構築ならaishipGIFT-ギフト機能充実のクラウドシステム

累計2000社以上導入のカートシステム「aishipR」を基盤として開発された国内唯一の食品/ギフト通販サイト構築に特化したカートシステムで、導入いただいた大手食品通販事業者様で売上前年比500%を実現するなど食品/ギフト業界でNo.1の実績。食品/ギフト通販特有の受注/配送設定や、のしや複数配送等の特化機能が充実。また月2回の無償バージョンアップを実施しているため常に最新の状態で通販サイトを運用できます。さらにカスタマイズ性が高く、デザインの自由度はもちろん、各種システムとの連携や機能追加等も独自のカスタマイズができるため、こだわりのある本格的な食品/ギフト通販を月額29,800円から実現できます。