「店舗受取機能」で来店型の予約販売(店舗取り置き/予約サービス)を実現する方法

「店舗受取機能」で来店型の予約販売(店舗取り置き/予約サービス)を実現する方法

「街のお店に訪問したら希望の商品が売り切れで購入できなかった」こんな苦い体験は消費者側もしたくないですし、販売店側も機会損失へと繋がってしまう為、避けたいところです。
このような事態を回避する為に、「ネット上で予約をした上で店舗に行きたい」「欲しい商品を受け取りたい日時指定して、気軽に予約ができたら便利」と言うニーズが上がってくるのは当然のことだと思います。しかしシステム化となると、自社開発の場合は多額の開発費用投資が発生するため、なかなか導入に至っていない販売店様も多いのではないでしょうか。

そこで注文したい機能が、クラウド型ECサイト構築ASPで用意されている「店舗受取機能」です。

店舗受取機能は本来はEC事業者様向けに用意した機能ではありますが、EC展開をしていない事業者様でもご利用頂けます。しかもクラウド型システム(ASP)なので安価に簡単に、そして短期間で導入することが可能ですので詳しくご紹介していきます。

店舗受取機能とは?

ECサイトで注文した商品は一般的には、自宅など指定した場所への配送ですが、注文者側の何らかの事情により自宅などで受け取れない場合や、配送が難しい商品の場合、希望した店舗で受け取ること可能とした機能が、「店舗受取機能」です。

・忙しい社会人で、在宅時間が短く自宅で受け取れない為、会社帰りに遅くまで開店している店舗で受け取る
・ケーキなどの生菓子で配送が難しい商品や、出来立てを渡したい商品を受取希望の店舗と受取日時を指定して受け取る

ECサイト上ではこのようなケースを想定して使用されている機能ですが、EC展開の有無に関わらず、非ECサイトにおいても活用できます。

ネット予約販売を導入することで期待できるメリット

消費者側のメリット

商品のお取り置き

ネット予約しておくことで人気商品や限定数販売商品で、午前中に売り切れるような商品でも、商品を確保してもらい好きな時間に受け取れます。

買い物時間の短縮

スマホなどで隙間時間に商品を、確認しておいてそのまま予約することで、お店に着いたら受け取るだけの状態にできます。商品購入のための行列に並ばなくて済みます。

販売店側のメリット

店舗間の在庫移動

多店舗にのみ在庫がある場合は予約に基づいて取り寄せておくことも可能になります。

予約数分だけ販売ができる

予約を受け付けておくことで、一定数、変更やキャンセルは発生する可能性はあるものの、客足が読みやすくなります。完売したら閉店することもでき、長くお店を開けていなくても済みます。
また、販売計画が立てやすくなり、大量生産(発注)をしなくて済みます。万一の売れ残りによる廃棄処分の心配がなくなります。

アフターフォロー

予約時に個人情報を取得しているので、登録されたメールアドレス宛に来店予約後のアフターフォローや、次のセール企画の告知がしやすくなります。

店舗滞在時間の短縮

コロナ禍の今ならではありますが、来店予約はお客様の買い物時間の短縮に繋がり、密を避けるために推奨されている店舗滞在時間の短縮にも繋がます。

ネット予約販売を導入することで考えられるデメリット

販売店側のデメリット

管理や運用しやすいシステムを導入しなければ、コスト負担が増えます。また、さまざまな理由でシステムダウンした場合に営業に支障が出る場合があり、万一に備えて対処できるようにしておく必要があります。

店舗受取機能がすぐに使えるaishipGIFTとは?


クラウト型ASPのaishipGIFTにて店舗受取機能を設定したカート画面がこちらです。受取店舗を複数登録することができ、商品ごとに選択可能な店舗を設定できることはもちろん、店舗ごとに受取希望日時の指定も可能です。また、店舗ごとに休業日の設定も可能なため、店舗ごとに定休日が異なっていても柔軟に受取可能日の除外設定ができます。

また、商品ごとに1日単位で在庫を設定し管理することができる機能もある為、1日ごとに販売数を限定することも可能です。

aishipGIFTとは、2000社導入実績のあるECサイト構築プラットフォームをベースに、“ギフト”に必要な専用機能を備えたクラウド型のショッピングカートです。その中の1つの機能として、ECサイトで購入したギフト商品を受け取る方法で「店舗受取」のニーズがあり、機能追加しました。EC運営に必要な機能は網羅されている為、クレジットカードや各種スマホ決済を含むネット決済機能や、ポイントやクーポン、メルマガ配信などの販促機能も標準で使用できます。人気サイトの場合、販売開始時刻にアクセス集中する可能性もありますが、オートスケーリング機能により大量アクセスも柔軟に裁ける仕組みを採用しております。

ASPの為、100%要求通りに当てはまるかは難しい部分が出てくる可能性がありますが、利用申込(トライアル含む)をするだけで、すぐに動作確認ができ、自社の運用に適しているかの判断頂けます。また、日々のアップデートがあるのでシステムは常に最新の状態を保ちながらの運営をすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。商品の取り置き予約サービスは、ネット通販上での商品購入後の店頭受取の流れと近いものがある為、弊社にて開発提供させて頂いておりますクラウト型ASPのaishipGIFTの中の「店舗受取機能」をご紹介させて頂きました。

来店型の予約販売(店舗取り置き/予約サービス)をネット通販の1つのサービスとして捉え、現在はEC展開をしていない店舗であっても、これをきっかけに「店舗受取機能」を備えたECシステムを導入することで、将来的なEC展開に繋がっていく可能性が膨らんでいきます。

食品ECサイト構築ならaishipGIFT-ギフト機能充実のクラウドシステム

累計2000社以上導入のカートシステム「aishipR」を基盤として開発された国内唯一の食品/ギフト通販サイト構築に特化したカートシステムで、導入いただいた大手食品通販事業者様で売上前年比500%を実現するなど食品/ギフト業界でNo.1の実績。食品/ギフト通販特有の受注/配送設定や、のしや複数配送等の特化機能が充実。また月2回の無償バージョンアップを実施しているため常に最新の状態で通販サイトを運用できます。さらにカスタマイズ性が高く、デザインの自由度はもちろん、各種システムとの連携や機能追加等も独自のカスタマイズができるため、こだわりのある本格的な食品/ギフト通販を月額29,800円から実現できます。